Ref Leather Produced by KADOYA

クリーニング適正診断

事例紹介

2013.3.12

N.T様(埼玉県)

クリーニング前

クリーニング後

今回はクリーニング+リカラーのご依頼です。

全体が焼け、退色によってくすんでいました。これを「できるだけ元に近い色にリカラーしたい。」とのご要望でした。

このように本来の色合いが判りにくい状態のご依頼品でも、裾の裏やポケット内部等日の当たり難い箇所の革にオリジナル色が残っているケースが多いものです。今回もポケット内部の革の色を参考に調色、全体を処置しました。

結果、ほぼオリジナル通りの落ち着いた少し深みのあるブルーが出せたと思います。但し、本来使用されていたのは染料(粒子が細かく、内部に浸透する)の筈ですが、リカラー作業で使用するのは顔料(粒子が大きく表面で留まる)です。染料と顔料では発色の仕方に差があるため、オリジナルと比較して若干の差は生じるものです。

なお、リカラー施工の際には事前のクリーニングが前提となります。一見汚れていないように見えるご依頼品でも、ある程度着込まれた商品には目に見えない汚れ等の付着や浸透があります。これを事前に落とすことで吹付ける顔料の定着堅牢度が増す為です。特に油分の浸透が強い場合には、作業後に浮き出して来た油で顔料が弾かれる事例もあり、事前のクリーニングが必須です。