革ジャンに最高のメンテを

E.Y様(北海道)

【クリーニング前】
【クリーニング後】

今回のご依頼は、80年代のものでしょうか?アメリカで使用されていたらしきレーサージャケットです。
長期保管していた際のカビと埃で全体的に白っぽくなってしまっていました。

洗い後の様子はご覧の通り、カビと埃が落ちて各色の鮮やかさが判るようになりました。
当初、お客様はリカラーも考慮されていましたが、懸念されたカビ後の残留もなく、この洗い上がりであればリカラーの必要もないでしょう。
多少の擦れや傷などの黒ずみはありますが、それこそレースで使用(?)されていたからこその「味」ではないでしょうか。


ところで、
梅雨明けと共に一気に真夏の陽気となり、猛暑日が続いていますね・・・
梅雨のジメジメとは異なりますが、まだまだ湿度の高い日々が続きます。

ここ数年、E.Y様のような北海道のお客さまから「昔はカビなんか生えたことなかったのに」というようなお話を聞く事が増えてきた印象があります。
私も過去に何度か訪れた事のある夏の北海道は、涼しくて過ごし易いバイク天国だったイメージがありますが、近年は温暖化の影響で気温や湿度も上がっているのでしょうか?それとも節電でエアコンの使用を控える傾向などが要因でしょうか??

これからが夏本番、皆様も体調にはくれぐれもお気を付け下さい。と同時に皮革製品のカビ対策も怠らずに。
なるべく風通しのある場所に吊るして保管がお勧めです。
クローゼット内で保管の方はこまめな陰干し+カビチェックが有効です。軽度のカビならご自分での拭き取りで十分除去できますので。
困ったことがありましたら、お問合わせだけでもお気軽に。

コメントする