革ジャンに最高のメンテを

革ジャンのカビ

03_AWカビ_ 洗濯前_540.jpgお気に入りの革ジャンやブーツ、バック等を久しぶりに使おうとタンスから出した時、カビが生えていたショックを経験された方も多いと思います。

【カビとは?】
---------------------------------------------------
・カビとは「糸状の菌糸を伸ばし、胞子を形成して繁殖する、葉緑素を持たない微生物の俗称である。綿毛状のケカビや、野菜・パンなどに生える灰色のクモノスカビ、醸造工業に重要なコウジカビ、パン・果物を腐敗させるが抗生物質の生産に欠かせないアオカビなどがある。」
(参照:「皮革ハンドブック」日本皮革技術協会編,2005.)
とされます。
・革製品では「シロカビ」や「アオカビ」、「クロカビ」と呼ばれるものが多く見られます。
・カビは、「水分(湿度80%以上が好適)」、「温度(20~30℃、25℃前後で最も活発)」、「栄養」、「酸素」の条件が揃って発生します。
---------------------------------------------------
 
【革とカビの関係】
---------------------------------------------------
・革中には、カビの栄養ともなる、植物タンニン、油脂が含まれています。
・使用によって付着した皮脂、食べ物や飲み物のカスもカビの栄養となります。
・また、過度に塗ったメンテナンス用オイルもカビの栄養となってしまう場合があります。
・さらに、吸湿性の良い革には、水分も適度に含まれていることとなります。
・夏季のタンス等にしまいこまれた革製品には、カビの発生条件が整っている可能性が高いのです。
---------------------------------------------------
 
【カビを放置すると?】
---------------------------------------------------
・カビの菌糸が革の内部深くまで入り込み、完全な除去が難しくなります。
・カビからは色素も出されるため、革製品の色が落ちてしまいます。除去が遅れると、カビの跡が白っぽく残ってしまうこともあります。
・同じタンス等にしまわれた革製品にまでカビが移ってしまうことがあります。
---------------------------------------------------
 
【カビを防ぐには?】
---------------------------------------------------
・カビの発生条件-「水分」、「温度」、「栄養」、「酸素」-を揃えないことです。
・使用後には汚れを落とす。タンスの中には除湿剤等を置く事で加湿を防ぐ。長期保管する場合には、時折陰干しする、等。
---------------------------------------------------
(※詳細は「革ジャンの手入れ方法」を参照下さい)
 
【カビの除去方法】
---------------------------------------------------
・銀面革の場合には、固く絞った濡れタオル等で拭き取り、風通しの良い場所で陰干しする。
・スエード革の場合には、毛先の柔らかいブラシを使ったブラッシングで除去する。
・細かい箇所には歯ブラシや綿棒を使うことも効果的です。
・上記の方法を行った後に、カビが再発生するような場合には、菌糸が革の内部に入り込んでいる可能性が高いです。
---------------------------------------------------

当社リフレザー等、革専門のクリーニングを行うお店へご相談下さい。