革ジャンに最高のメンテを

革ジャンの手入方法

IMG_2708_400.jpg

【保管場所】
----------------------------------------------- 
・風通しの良い日陰で保管して下さい。・直射日光、蛍光灯の光が差し込む場所での保管は、退色の原因になるので避けて下さい。
----------------------------------------------- 

【整形】
----------------------------------------------- 
・肩幅に合った肉厚ハンガーをご利用下さい。・ハンガー跡が付き易い柔らかな革質(シープスキン等)では、ハンガーにタオルを巻き付けて使用することでハンガー跡が付きにくくなります。・靴(シューズ・ブーツ等)はシューキーパーをご利用下さい。シューキーパーは、「吸湿性・脱臭効果」のある天然木製の製品をお勧めします。・簡易的な方法としては、柔らかい白紙等で整形する事も可能です。。
----------------------------------------------- 

【カバー】
----------------------------------------------- 
・通気性のある不織布で包装する事をお勧めします。・衣類同士の長時間接触による色移りを防ぐ効果もあります。・ビニルカバーは結露を招き、カビ発生の原因になるので避けて下さい。。
----------------------------------------------- 

【除湿剤】
----------------------------------------------- 
・シリカゲル系の製品をお勧めします。・塩化カルシウム系の製品では、吸湿した溶液が革に触れた場合に、火傷状の縮みや硬化の原因になることもあるため、利用はお勧めしかねます。
----------------------------------------------- 

【各種メンテナンス剤】
----------------------------------------------- 
・お手持ちの革質・形状に適合したメンテナンス剤を選んで下さい。
・ご使用の際は、見えない部分で必ずプレテストを行い、シミ・色落ちが生じないかをご確認下さい。
----------------------------------------------- 

【オイルの塗り方】
----------------------------------------------- 
①<ブラシ・ウエス等で表面に付着している埃・汚れを取り除く>
  ・頑固な汚れにはクリーナーを用いて下さい。
②<スポンジ等にオイルを付けた後は、スポンジ等の広範囲に手で馴染ませる>
  ・スポンジ等に取ったオイルをいきなり革へ塗布する事は避けて下さい。
  ・スポンジ等に浸透しているオイルが偏っている状態では、革の一部分へ過度にオイルが入る事  により、シミとなる可能性があります。
③<全体へ、薄く広く塗布する>
  ・革はオイルが入る事で色が濃くなる傾向があります。
  ・特に「スレ・キズ」部分はオイルが深く浸透しやすいので、部分的な濃化が顕著に現れます。
      (※シミと勘違いされ易いですが、単に濡れている状態です)
  ・部分的な濃化に対する対称方法は、無理に擦ったりせずに、十分に乾燥させて下さい。
   時間経過と共に、元の状態へ戻るケースがほとんどです。
  ・過度のオイル補給はシミやカビの原因にもなります。
   (※オイルはカビ菌の栄養分でもあります)
④<風通しの良い日陰で、十分に乾燥させる>
----------------------------------------------- 
 
【ミンクオイルについて】
----------------------------------------------- 
・「保革(オイル補給)=ミンクオイル」が広く知られていると思います。
・ミンクオイルには油脂が多量に入っているため、「革を柔らかくする」には効果的かもしれません。
・しかし、デメリットとして、ベタツキが生じ易く、空気中の塵・埃を吸着し易い傾向にあることが挙げら  れます。
・皮膚と接触する機会が多く、表面積の広い「レザージャケット」に対しては、ミンクオイル使用は避け、ベタツキが生じないタイプの保革剤(レザークリスタル・ラナパー等の製品)をお勧めします。
----------------------------------------------- 
 
【着用後のケア】
----------------------------------------------- 
・特に、バイク乗車後のレザージャケットは、排気ガスや粉塵を多量に浴びている状態です。
・暗色のレザージャケットにおける汚れ度合いは肉眼で判断しづらく、手入れをせずに保管しがちですが、これは革の劣化を早める要因となります。
・「乾いたタオル」又は「ブラシ」で汚れを取り除いて下さい(サッとでも効果はあります)。頑固な汚れにはクリーナーを用いる事が効果的です。
・ライダース系のジャケットは、一般レザーウェアーと比較して色落ちし難く、強度もあるので、水で濡らした後に硬く絞ったタオルで拭く事も可能です。
(※ただし、無理に擦る事は避けて下さい)
----------------------------------------------- 
 
【雨などの水分を含んだ場合】
----------------------------------------------- 
・乾いたタオル等で叩くようにして水分を出来るだけ除去する。
・その後、水分が完全に無くなるまで、風通の良い日陰で自然乾燥させる。
・濡れた状態で、クローゼットなどの密閉された空間へ保管する事は避けて下さい。
・ドライヤーや暖房器具を使用した急速乾燥は、革の硬化・縮みに繋がるので避けて下さい。
----------------------------------------------- 
 
【カビ対策】
----------------------------------------------- 
・カビは湿気、汚れ等を好みます。
・特に密閉された空間での長期保管は要注意です。
・「定期的な換気」と「定期的な使用」は、最良の防カビ方法でもあります。
----------------------------------------------- 
 
【雨・汚れ対策】
----------------------------------------------- 
・新品の段階、また、使用前における撥水スプレー(フッ素系)の塗布をお勧めします。
・撥水スプレーは防滴・防水効果だけでなく、防汚効果も望めます。
・特に、空気中の塵が吸着しやすい素材でもある起毛革(スエード等)では、毛の奥底へ付着した場合、放って置くと取り除く事が非常に困難になります。
----------------------------------------------- 
 

「ビフォー&アフターメンテナンスの心構えが、大切な革製品の寿命を延ばします。」

その他、メンテナンスに関するご質問等がございましたら、お気軽にリフレザーまでお問合せ下さい。