革ジャンに最高のメンテを

Lightning 2014 Vol.244 8月号

Lightning 201408.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎度おこがましくも「教えてレザードクター」の不定期連載として、三度掲載して頂きました。

Lightning8月号です。

今回はヴィンテージジャケットのクリーニングと裏地交換の同時リペアを承りました。

 

クリーニングにおいては、革の状態は良いものであった為、トリートメントに重点を置いて「ドライクリーニング」で対応しました。

おおざっぱに表現すると「油で洗う」ドライクリーニングは水溶性の汚れ除去に劣る点もある為、敬遠される方もいらっしゃいますが、リフレザーで使用するドライ溶剤は一般クリーニングで使用される溶剤とは異なります。

水溶性の汚れも落ちやすくする前処理を手作業で行うことで、各種汚れを落としつつもトリートメント効果も高い為、シットリした質感が蘇ります。

 

ヴィンテージジャケットのリペア、今回の様な総裏地交換についても、カドヤお得意の修理です。ベテラン職人が微に入り細に穿った補修対応を行います。

ご希望によっては裏地の素材や色をお選びいただくカスタマイズにも対応します。

 

クリーニングとリペアにより、ヴィンテージの質感を損なうことなく、リフレッシュができたと思います。

これからも安心して長い年月の使用に耐えうる相棒となった事でしょう。


Lightning 2014 Vol.242 6月号

Lightning 201406.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  Lightning 6月号です。

 好評なのか不明ですが、「教えて!!レザードクター」第2回目を掲載して頂きました。

 

今回はWhite'sのスモークジャンパーを洗いました。

オーナーさんはこちらをオフロード走行の際にも履いていたとの事、愛着を持って使用している様子が伺えました。但し、埃の上からオイルアップもされてもいたようで、目立ちにくいですが汚れも蓄積されていました。

状態は良いものでしたので、通常水洗いで汚れを落とし、最終のオイルアップでリフレッシュできました。

 

ライトニング今月の特集は「ゴージャスで夢見心地なクルマ生活。」ですが、クルマと今回のブーツに共通することとして、クルマではタイヤが綺麗になっていると、ブーツではソールが綺麗になっていると全体がしまって見えると思います!

それぞれお手入れの際には忘れずに!!

 

では、 「教えて!!レザードクター」第3回でお会いできることを祈って。


絶版STYLE Vol.1

ZeppanStyle_01.jpg

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年秋に出版された「絶版バイクスタイル」がリニューアルされ「絶版STYLE」創刊号となりました!

 

「マニアックに進化してきた感のある絶版車雑誌とは少し趣を変え、少しライトに、時には偏見も含むような気持ちは捨て去り、純粋に絶版車の魅力を伝えたい」とは編集長:ノア セレン様のお言葉です。

 

栄えある創刊号にカドヤ商品と並び、リフレザーをご紹介頂きました。

絶版車に長く乗り続ける事にこだわる方には、当然乗車時の革ジャンにこだわる方も多いかと存じ上げます。

そんな方々に、革ジャンとも長くお付き合いされる為に、リフレザーをご活用いただければ幸いです。

 


Lightning 2014 Vol.241 5月号

Lightning 201405.jpg「Lightning」今月号は、「こだわりのライフスタイルを追いかけ続けて」20周年!!

おめでとうございます!!

 

この栄えある20周年特大号に「教えて レザードクター(不定期連載)」として、改めてリフレザーの作業を掲載して頂きました。レザードクターなどと名付けられて、おこがましい限りですが・・・。

約10年使用のVanson C2を洗わせていただきました。決して状態の悪いものではなく、ぱっと見に大きく変化した様には見えませんが、細かなところにたまった汚れなどで、洗濯溶剤はしっかりと汚れていました。

そろそろ衣替えのシーズンです。長期保管前、これからの時期のクリーニングがお勧めです!

さて、冠には不定期連載とあります。次があるのか?

レザードクターとしてまたお会いできることを祈ります。

 

別ページには、カドヤの最高峰ブーツ「KA-G.I.J」シリーズが渋~い写真で紹介されています。

 


RIDERS CLUB No.480 2014.4

RIDERS CLUB_201404.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「RIDERS CLUB 4月号」です。

 春のライダー応援企画として、サーキットデビュー応援ガイドが特集されています。

この中で「リフレザーで革ツナギをリフレッシュ」として、リフレザーでクリーニングしたツナギを掲載して頂きました。

 掲載されたツナギは比較的状態の綺麗なものであった為、写真ではクリーニング前後の違いが判り難いですが、養分補給や揉み込みによってしなやかさを出すことができました。 

 

多様な皮革製品の中でも、サーキット走行で使用されるツナギは非常に過酷な環境で使用されています。

特に夏場のレースでは、強い太陽とアスファルトの照り返しによるの紫外線や熱に晒され、外からは排ガスや埃を浴び、内からは汗を吸いながら激しい運動量をこなしているのです。

このような使い方をされたツナギを、レースシーズンが終わってそのまま保管・・・は心配です。保管前のリフレッシュを強くお勧めします。

リフレッシュしておくことで、保管時のカビや硬化のトラブルが生じるリスクを抑え、次のシーズン開始には、ツナギもマシンも気持ち良く使うことができるはずです!


Daytona BROS Vol.29

DaytonaBROS_29.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

Daytona BROS Vol.29 特集は「街中の飛行服」です。

 A-1、A-2、G-1、B-3等のレザージャケットは勿論、B-15やMA-1、L-2B、CWU-45P等のナイロンジャケットまで、各種、各社のフライトジャケットが満載です!

 この中で、レザーフライトジャケットのクリーニングを依頼できる店として、リフレザーを紹介して頂きました。
 A-1、A-2、G-1、B-3は、クリーニング依頼品の中でも、ライダースジャケットに次いで高い比率を占める商品です。
 ご依頼品では、様々なメーカー、革質、コンディションのフライトジャケットを目にすることができ、見ていて飽きない商品の一種です。
 これらフライトジャケットのメンテナンスで疑問がありましたら、お気軽にご相談ください。

 記事を読んでいたら、久しぶりに上野の中田商店へ行きたくなりました。
 自分が初めてバイクで転倒した時にダメにしたジャケットはL-2Bでした・・・。


HOT BIKE JAPAN May 2013 Vol.131

hotbikejapan.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

『「ハーレーダビットソンと、生きてゆく」HOT BIKE JAPAN』 5月号、インフォメーションコーナー「MOTORHEAD TV」の1ページで、リフレザーをご紹介いただきました。

掲載用にお預かりしたのは、編集長池田様がKADOYAにてオーダーし、数々のレースで着用されていた2ピースツナギです。

歴戦の証ともいえるキズや擦れの他、ガスやオイルによると思われる黒ずみの激しい状態でしたが、職人の入念なブラッシングにより、見違えるように白さを取り戻すことができたと判断しています。もちろん歴戦の証はそのままに、です。

 

巻頭特集の、写真家長濱治氏が撮影された'60sアウトローバイカーの写真は、ハーレー好きでなくともシビれるものあり!ではないでしょうか!?。

 


Lightning 2013 Vol.225 1月号

Lightning201301.jpgのサムネール画像

早くも2013年1月号が発売される時期ですね。
そんな栄えあるLightning1月号にリフレザーが掲載されました。

特集はズバリ「レザーは男の浪漫だ。~革の教科書~」です。
各ブランドの商品における経年変化紹介では、カドヤの「MERIDEN/SPEED-TWIN」も掲載されています。実はこのジャケットはリフレザースタッフの私物なんです。実に良い味が出ています。
その流れで「自分でのメンテナンスに限界を感じたら・・・」ということでご紹介いただきました。
是非ご覧ください。

個人的には「特集2 肉を食いたいならステーキしかない。」も気になります。


Moto Navi(It' only Leather Jacket !!) 2012年12月号

moto navi.jpg

大人のためのバイク&ファッション誌「Moto Navi(12月号)」にリフレザーが紹介されております。

「30年モノの革ジャンはよみがえるのか!?」をテーマに、その仕上がり(Before & After画像)を交えて、4ページに渡り解説されております!
クリーニングと同時に裏地交換も対応したことで、その違いに一目瞭然!
*対応したジャケットは、カドヤ製品になります。
*修理はカドヤ本社工場(ヘッドファクトリー)での対応。

今回のクリーニング方法は、「水洗い」ではなく「ドライクリーニング」での対応。
「クリーニング=水洗い」とイメージし易いですが、当社ドライクリーニングも製品によってはその仕上がりの良さ(紙面では判りにくいですが、しなやかな質感)に驚かれるお客様も多くいらっしゃいます。

詳細は是非本誌をご購入いただき、ご確認いただけると幸いです!


RIDE FREE! VOL.01

車、バイクのある「High Quality Lifestyle」を提唱するフリーペーパーマガジン『ON TEH
RORD MAGAZINE』から、ハーレーに特化した情報をお送りする別冊『RIDE FREE!』が創刊されました!!

RIDE FREE_01.jpgのサムネール画像

栄えある創刊号において、「レザージャケットを洗濯する!」としてリフレザーを取り上げていただきました。編集者の所有するビンテージレザージャケットとブーツをクリーニングした様子が掲載されています。
特別に、リフレザー体験クーポンとして10%OFFチケットを添付しました!(クリーニング基本料金と撥水加工対象)

『RIDE FREE!』は「ハーレーにまつわる素晴らしい世界を、ハーレーだからこそ得られる感動を共有したい!」という気持ちで創刊されたフリーペーパーです。正規ハーレーディーラーを中心に、全国各モーターサイクル関連ショップ等に配布されています。
現役ハーレーライダーはもちろん、ハーレーにあこがれる未来のライダーまで、要チェックです!!