革ジャンに最高のメンテを

事前検品

革ジャンを洗うにはまず、その革ジャンの状態を調べることが大事。水洗いをするか、それともドライクリーニングにするか、その判断には経験を要する。

カビなどが発生している場合は水洗い、年季が入って革に油分がなくなっている革ジャンにはドライクリーニングと、様々な革ジャンを見て、補修を行ってきたカドヤの経験がここでも生かされることになる。

 

【写真撮影・検品】

写真撮影と事前の検品は、水洗い、ドライクリーニング全ての商品に共通して行われる。

写真撮影検品JAC.JPGのサムネール画像1.写真撮影

・まず、全ての依頼品は事前に写真撮影する。

・全体の他、留意点や破損箇所は拡大撮影。これは事前、事後比較用の資料となる。

・この段階で洗いの方法を決定し、振り分ける。

 

 

 

 

 

検品JAC.JPG2.検品

・汚れやキズの状態、臭いについても詳細検品を行い、チェックリストへ記入する。

・革だけでなく裏地やポケットの中、付属品の有無等の詳細も記録する。