革ジャンに最高のメンテを

リカラー

クリーニングでは落ちない汚れや紫外線ヤケによる色落ちなどには、顔料吹き付けによるリカラーによって隠蔽、回復が可能だ。この他に「昔購入した革ジャンが少し派手なので、落ち着いた黒にしたい」といったようなカスタムとしてのリカラーも可能。

注:よく「染替え」という言葉が使用されますが、製品になった革は「染める」事はできません。革は製品になる前のなめし工程において、様々な薬品の化学反応を用いて染料を定着させる「染め」が行なわれます。製品になった革には染料を入れても定着しないため、表面に顔料を吹き付ける「リカラー」を行なうものです。なお、革の種類や状態により、顔料が定着しないものもあります。

 

【リカラーの工程】

1.mutou_before_recolor.jpg劣化したレインウェアの着用により、表面に白いシミが生じてしまった革ジャン(レインウェアのナイロン素材が革表面のトップコ-トとが反応してしまったためと推測される)。これはクリーニングでは除去できない為、リカラーで対応する事となった。

 

  

   

 

1.前処理

2.masukingu.jpgのサムネール画像・マスキング

ドットボタン等の金属類や裏地など、顔料がかかるのを避ける場所へマスキングを行なう。はみ出した顔料は後処理でも除去できるが、前処理を丁寧に行なう方が綺麗に仕上がる。

 

3.sitasyori.jpg

・脱脂→乾燥→下処理剤塗布→乾燥

顔料を弾く可能性のある革表面の脂分を除去するため脱脂を行なう。その後、顔料の定着を高める下処理剤を塗布する。各処理後にはドライヤーを使用して丁寧に乾燥を行なう。

 

 

 

 

2.顔料吹き付け

4.fukituke.JPG・一度に大量の吹き付けは厚塗りのムラに繋がるので厳禁。出来るだけ均一に、薄い吹き付けを数回に分けて行なう。堅い平面に行なう吹き付けと違い、柔らかな素材、且つ凹凸のある曲面に行なう吹き付けは神経を使う。

 

5.1kai_fukituke.JPG・吹き付けの状態は、蛍光灯と自然光とでは見え方も異なるため、何度も違う光源で状態を確認しながら作業を進める。確認の必要性から、曇天での作業は避けている。(写真は右袖だけ1回吹き付けした状態)

 ・今回は黒の顔料吹き付けなので作業はないが、色物の吹き付けでは調色を行なう。白、黒、赤、青、黄の顔料を、時には数滴づつ混ぜて指定の色を作り出す。微妙な色合いのリカラーの場合、調色だけで相当な時間を要する事もある。

3.仕上げ

6.siage_fukituke.JPG・仕上げ剤吹き付け

顔料を定着させる仕上剤を吹き付ける。使用する仕上げ剤により表面の艶感も調整できる。

 

7.atosyori.JPG・後処理

マスキング対応できなかった箇所や、マスキングからはみ出た箇所の顔料を、処理剤を使用して拭き取る。革には触れないように綿棒なども使いながら細心に。

 

4.完成

8.mutou_after_recolor.jpg・吹き付け完了後、1日以上乾燥を行い、テープテスト(粘着テープで顔料が剥離しないことを確認)をクリアして完成となる。