革ジャンに最高のメンテを

ブーツ洗濯(水洗い)の工程

ライディングウエアで最も汚れが気になるのがブーツとグローブ。

白っぽい色は排気ガスやオイル、ホコリなどによりすぐに汚れが目立ってしまう。特に革靴の中は約45℃、湿度は90%にもなるという。

そんな状態が長く続けば細菌の繁殖により、匂いはもちろん、皮膚病の原因にもなる。リフレザーでは前出の革ジャンクリーニングと同じ方法でブーツやグローブのクリーニングも行う。
 
クタクタになったレザーブーツに張りがもどし、さらに消臭や除菌効果もプラスされた。


【ブーツ洗濯(水洗い)の行程】

1(ブーツ).JPG・革ジャンと同様に事前検品を終えたブーツの洗いは、工程別に四つのシンクにより分けて行う。

・第一のシンクでは、水洗いによりソール部分などの大きな汚れをブラシで落とす 。

2(ブーツ).JPGのサムネール画像・第二のシンクで「色止め剤」が含有されている水溶液を浸透させる。

・「特殊ソープ」が混合されている第三のシンクで本洗。

・形状によってブラシを替えながらブーツ内部の爪先までしっかりと洗う。

3(ブーツ).JPGのサムネール画像

 

 

・第四のシンクでは「コンディショナー」を混入した溶液に数分間浸し、革の表裏から内部にしっかり栄養補給を行う。

4(ブーツ).JPG・コンディショナーに浸した後、擦って表革を傷めないように吸水性のよいタオルで水分を取り除く。

・この作業をしっかり行うことで乾燥時間も短縮できる。

 

 

 

 

    

6(ブーツ).JPGのサムネール画像・タオルドライを行いながら完全に乾燥してしまう前に、型崩れを防止するためシューキーパーなどで形を整える。

7(ブーツ).JPGのサムネール画像・風通しよい場所で、十分に陰干しする。