革ジャンに最高のメンテを

革クリーニング専用洗剤

日本で従来から行われている皮革製品のクリーニングは塩素系溶剤を用いたドライクリーニングが主流。これは汚れを落とすと同時に、色落ちや革の脂分を取ってしまう事例もあり、更に失われた脂分を加脂剤を用いて補う事で不自然・不快なベタツキが生じてしまうといった問題も見られた。

しかし、RefLeather(リフレザー)で使用する洗剤はアメリカで開発された特殊ソープであり、ドライクリーニングと水洗いの両方に対応、革へのダメージが少なく、汚れ落ちと共に色落ちや脂分抜け等の変質を抑えるものである。更に特殊コンディショナーと併せた使用によって革の内部にまで栄養補給を行い、革の質感を損ねずにリフレッシュさせるといった理想的な仕上がりとなる。

この皮革用特殊ソープを用い、職人が1点ごとに手作業で洗い上げることにより、様々なコンディションの皮革製品に対応したクリーニングが可能となった。